HOME > 動作環境
銀河計画MZD

動作環境

銀河計画MZDの動作環境は以下の通りです。推奨スペックで準備して頂くことをお勧めします。

サーバー機

 

Windows Windows Server 2008/R2 Windows Server 2012/R2 Windows Server2016
CPU Xeon 2GHz以上を推奨  
メモリ    8GB以上を推奨
※イメージ数、運用形態により推奨サイズが変わります。
HDD SAS推奨、RAID1 or 1+0を推奨
※サイズは、イメージ数とクライアント端末の最大接続数によってが変わります。
CDドライブ MZDインストール時必須
USBポート

1ポート必須

NIC

1Gbps×2以上(チーミング設定)を推奨

その他

クライアントメモリ8GB以上搭載では、サーバーHDDは、SATAも可の場合あり。


 

クライアント端末

 

Windows Windows 7/(32bit/64bit) Windows 8/(32bit/64bit) Windows10(64bit)
CPU Core2Duo 2GHz以上
メモリ 4GB以上 / Windows8.1、Windows10は、8GB推奨
HDD 不要(イメージ作成時に1台必要) / ローカルキャッシュ利用時にはSSD必須
※サイズは、イメージ数とクライアント端末の最大接続数によってが変わります。
CDドライブ MZD、アプリケーションインストール時に必須
NIC 1Gbps以上
その他 NIC=PXE2.0対応

 

その他

 
 スイッチ
 アライドテレシス社製品を推奨 1Gbps
 カスケード:2段まで推奨。※多段構成時は、スイッチのポート多重化を推奨
 

主なソフト動作実績・正式対応

<授業支援ソフト>

Inter Class (チエル)
Wing-Net  (コンピュータウィング)
WIN-BIRD  (ウィンバード)
Sky Menu  (スカイ)
リモコン倶楽部Z  (ゼッタテクノロジー)

<Callシステム>

Calabo Ex (チエル)
PC@LL(内田洋行)

<ウィルス対策ソフト>

ウィルスバスターCorp (トレンドマイクロ)
Endpoint Protection (シマンテック)
※その他ソフトウェアについてはお問い合せください。
製品名五十音順
2018年12月現在