ケーシーインターナショナルのロゴ

税理士事務所、弁護士事務所、中小企業向けのパソコンサポート(ユースウェア) 

HOME

パソコンサポート 青い林檎

社内、事務所内のパソコンにトラブルがあったら?

メンテナンスは、絶対に必須なものなのです。

林檎

社内、事務所内のパソコンがおかしいと思ったらどうされていますか?
ネットワークがつながらなくなったり、今まで見えていたデータが見えなくなったり、オフィスの環境によって様々です。

マイクロソフトの技術系のサイト”TECHNETテクネット”には、下記のように記述されています。
サーバーのメンテナンスは、後手に回ることが多い作業です。障害が発生した場合の対応や、事後対応のトラブルシューティングの一貫として行われることが往々にしてありあす。ですが、事前対等という観点でメンテナンスをすると、潜在的な問題が表面化する前に対応できます。その結果、時間とコストを節約できるだけでなく、何よりも悩みの種を削減する重要な機会を得られます。(参照:テックネット)
 

USEWAREってなに?

社内にパソコンの専門家がいなくて困っています。

保守ではなく、ヘルプデスクではなく、ユースウェアという概念

データを事務所内、オフィス内で共有して使いたいと思いませんか?
大事なデータが壊れたらどうしますか?
自動でバックアップを取っていますか?
社内でいつも使っているパソコン以外のパソコンから自分のデータを使いたいと思いませんか?
セキュリティをちゃんと整備していますか?
外部から覗かれていませんか?
急にネットがつながらなくなった。
サーバーにアクセスできなくなった。

上記のことをしたいと思ったとき、今、どうされていますか?

失礼ながら、社内に専門家や詳しい人がいない場合、どうされるのでしょうか?

今や仕事においてパソコンを使うこと無しで仕事が出来ない世界です。
見た目はとても便利になりました。
しかし、その出来ると事と引き替えに、ユーザーに求められる知識はさらに増えています。
ただ使いたいだけなのに、知らなければならないことが実はとても多いのです。
知らないでなんとなく使っているのが一番危ないのです。

ユースウェアという言葉をご存知でしょうか?
ユースウェアは、私たちコンピュータ業界では、古い用語です。
しかし、便利になったようで実は、複雑になった今だからこそ、あえて当社は、ユースウェアを提案をします。
ユースウェアとは、“ハードウェア、ソフトウェアに続く概念として登場しました。

1)ハードウェアは物理的な機器そのものを指し、
2)ソフトウェアはコンピュータが動作や計算処理を制御するための情報を指すのに対して、
3)ユースウェアはそれら全体をいかにして効率的に活用するかという方法や手段を指します。(参照・参考:Weblio)

つまり、見た目は、ハードウェアもソフトウェアも使いやすくしているのですが、実際はとても高度なことになってきて、ちょっと何か変なことがあったら、パソコンの専門家でなければわからない。
そこで、ユースウェアは、それらを統合して使いやすくしましょうという概念から生まれました。
 

月1度の定期訪問を

弊社は、コンピュータ関係の専門家として、某コンピュータメーカ系にサーバーのアーキテクチャを教えたり、
全国の大学など学校法人のパソコンルームにある1台1台のパソコンを統括制御するソフトウェアを全国販売している会社です。(業界内では、少し有名です。)
そんな私たちが月一度の定期訪問で、お金を掛けずに効率よく使用するためのアドバイスをしメンテナンスをして、
事務所内のコンピュータ化をお手伝いしようと考えています。
つまり、私たち一般の企業が税理士事務所などと顧問契約をするように、貴社事務所と顧問SEを契約するイメージです。直接ご訪問する行動するパソコンサポートです。
常駐ではないので、月のお小遣い程度の金額の金額で提供させて頂きます。
専門部署をもてない事務所や企業では、必要不可欠だと弊社は考えています。
普段から用意していた方が何かあったときに安心だと思います。
 
私たちのパソコンサポートとは?